PHOEBEアイラッシュセラム

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液の解約方法は?手順と注意点まとめ!

先日、ずっと気になっていた『PHOEBE(フィービー)BEAUTYUPアイラッシュセラム』を定期コースで注文しました。

PHOEBE(フィービー)のまつ毛美容液は、いま注目を集めている「ヒト幹細胞培養液」が配合されていて、アイケアとしても使えるまつげ美容液。

見た目も可愛いくて容器がクリアで残量もわかりやすいから、ずっと試してみたいと思っていたんですよね。

まつこ
まつこ
でも、PHOEBE(フィービー)のまつ毛美容液って単品で買うと少し高いのようね…。

そうなのです。PHOEBE(フィービー)のまつげ美容液は1本4,900円(税別)なので、単品で購入すると意外と高いんです。

また、単品購入だと商品代金と別に送料もかかるので、単品で買えば1本6,050円(税込)になります。

私は悩んだ末、PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液を”定期コース”で注文しました。

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液は単品で1本だけ買うより、定期コースで注文するほうが普通にコスパが良いんですよね。

\定期便の注文画面/

しかし、定期コースと聞くとどうしても気になるのが、定期コースの解約方法について。

定期コースは単品購入のように1本買い切りではなく、自動的にお届けされるシステムです。

いつかは必ず”解約手続き”が必要になってくるので、定期コースの解約方法や解約時の注意点について知っておくと便利ですよね。

そこで今回は、PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液の定期コースの解約方法について詳しく解説していきたいと思います。

定期購入の解約手順や注意点、単品購入と定期購入の価格の違いなども合わせてお伝えしますね。

少しでも参考になれば幸いです。

\初回1,980円(税別)/

≫PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムをキャンペーン価格で申込む

電話1本で解決!PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液アイラッシュセラムの解約方法

定期コースと聞くと、どうしても気になるのが定期コースの「解約方法」ですよね。

単品で買えば1本買い切りなので、解約手続きなどの面倒な作業は一切不要。

少々、定期コースの値段が高くても単品で買う人も多いほど、解約手続きって本当に億劫なんですよね…。

まつこ
まつこ
私も定期コースの解約手続きはちょっと苦手なんです…。

また、定期コースの解約手続きは電話でしか対応していない会社も多く、解約するにはサポートセンターに電話をしなくちゃいけません。

おそらく、少しでも定期コースの解約をしにくくしているのだと思われます。

結論として、PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースの解約手続きも”電話対応のみ”となっています。

まつこ
まつこ
え?そうなの?公式サイトにはこんな感じで書かれていたからメールでもできるのかと思っていたわ…。

そうなのです。

PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの公式サイトを見てみると、メールでも解約手続きができるような感じで書かれています。

メールアドレスもはっきりと記載されているので、これを見るとなんとなくメールでも解約できそうですよね。

しかし、サポートセンターに電話をして聞いてみると、PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液の定期コースの解約手続きは対応のみとの事でした。

まつこ
まつこ
公式サイトにはメールアドレスが記載してありますけど、メールでできないんですか?
サポートセンター
サポートセンター
解約希望の旨のメールを送っていただいても、解約窓口の電話番号の案内をするだけなんです…。

申し訳なさそうにこう言われました。

公式サイトに記載のメールアドレスに解約希望のメールを送っても、このような自動返信メールがお届けされるだけです。

まつこ
まつこ
そうなのね…。メールで定期コースの解約手続きはできないのね…。

そうなんですよね。ちょっとわかりにくいですよね…。

もし、解約希望のメールを送っても、自動送信でこのメールが届くだけなので、個別にサポートセンターから返信も届かないようです。

解約希望のメールを送信しただけで、解約した気分になってしまい、結果として「解約できてなかった…。」というトラブルが起こる可能性もあるので、注意しておきましょう。

何度も言いますが、PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液の解約手続きは”電話対応”のみです。

公式サイト記載のアドレス宛にメールを送っても「解約窓口の電話番号」をお知らせする自動返信メールしか届きません。

必ず、解約窓口に電話をかけて”解約手続き”を行うようにしてくださいね。

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液アイラッシュセラムの解約手順

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液の定期コースを解約すると決めたら、以下に記載のサポートセンターに電話をし、

「定期便の解約をしたいんですけど…。」

と解約希望の旨を伝えましょう。

すると、購入時の条件や個人情報の照合の為、「電話番号」と「名前」を聞かれます。

まつこ
まつこ
電話は〇〇で名前は〇〇です。

すると、サポートセンターの方が注文内容を調べてくれるので、決められている継続回数が済んでいたら無事に解約手続き完了です。

PHOEBEアイラッシュセラムの解約窓口の連絡先は以下の通り。

お問合せ先
  • 電話番号:0120-290-117
  • 受付時間:10:00~18:00
    (※土日祝および当社指定の休業日を除く)

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液アイラッシュセラムを解約するときの注意点!

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液の定期コースを解約する際、注意しておくべき点がいくつかあるのでお伝えしますね。

PHOEBEアイラッシュセラムを解約するときの注意点は以下の3点です。

  1. 必ず3本目まで受け取ってから解約する
  2. 次回お届け予定日の15日前までに解約希望の連絡をする
  3. 解約理由を「金銭的な負担で…。」と答えない
まつこ
まつこ
ひとつずつ深堀して解説していきますね。

①必ず3本目まで受け取ってから解約する

PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースは初回が1,980円(税別)というお手頃価格になっています。

2本目以降は定価よりも少し安い程度ですが、初回がかなり安いので、トータル的に考えると定期便のほうがお得なんですよね。

しかし、PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースは最低継続回数が決められています。

まつこ
まつこ
初回が安い定期コースって大体すぐ解約できないのよね…。

そうなのです。

スカルプDまつげ美容液プレミアム』や『リバイブラッシュ』のように初回価格が少し安い定期コースであれば、初回受け取り後、すぐ解約ができるものが多めです。

しかし、定期便の初回価格があまりにも安すぎると大抵この”定期縛り”があるんですよね。

まつこ
まつこ
定期縛りがないと元が取れないのはわかるけどさ…。

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液の定期コースは3本までの定期縛りがあるため、最低でも3本まで受け取らなければなりません。

もし、PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースを初回や2本目の段階で解約すると、事務手数料3,000円が無条件にかかるので、注意が必要です。

定期コースの解約をする場合は、必ず3本目まで受け取ってから行いましょう。

②次回お届け予定日の15日前までに解約希望の連絡をする

PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースは3本目受け取り後、解約することができます。

解約手続きは次回お届け予定日の15日前までにサポートセンターに連絡をしましょう。

PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの解約手続きは”電話対応のみ”なので、その場で解約手続きが完結します。

次回お届け予定日の15日前ギリギリに連絡してもOKですが、余裕をもって連絡するようにしましょう。

ちなみに、次回お届け予定日は商品発送完了メールの中に記載があります。

まつこ
まつこ
3本目の商品発送完了メールを要チェック。

③解約理由を「金銭的な問題で…。」と答えない

PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースは、3本目受け取り後、いつでも解約してOKです。

それと同時に、「お届け周期の変更」や「休止機能」をご利用いただけます。

ですので、もし「金銭的な問題で継続が難しいんですよね…。」というと、お届け周期の変更や休止を提示される可能性があります。

カスタマーセンター
カスタマーセンター
「お届け周期変更」や「休止機能」もございますので、解約前に検討されてはいかがでしょうか?

もちろん、解約理由を聞かれるかどうかはわからないのですが、もし解約理由を聞かれた場合、こういったやり取りは面倒ですよね。

いったんお届け周期の変更や休止機能を利用してから解約をするのもありですが、「もう解約したい!」と思うのであれば、スパッと解約手続きをしましょう。

おそらく、また次回解約するときもそうのようなことを言わるので、面倒なことを先延ばしにするだけです…。

PHOEBEアイラッシュセラムの定期コースのお届け頻度は最大で90日間(約3ヵ月毎)まで伸ばすことができ、休止機能は最大で30日間ストップできます。もし、解約理由を聞かれた場合は、

まつこ
まつこ
効果はあったのですが、他のまつ毛美容液も使ってみたいので…。

私はこう答えると、すんなり解約できましたよ。

サポートセンターの方はとても感じが良い方だったので、スムーズに解約できました。

PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液アイラッシュセラムの定期コースは本当にお得なのか?

PHOEBEアイラッシュセラムの定期コースの解約手続きについてはよくわかったけど、

まつこ
まつこ
PHOEBEアイラッシュセラムの定期コースって本当にお得なの?

PHOEBEアイラッシュセラムの定期コースって具体的にどのくらいお得なのか疑問に思っている方も多いですよね。

また、解約手続きがメールでできないなら、単品購入のほうがまし!と思っている方もいるかもしれませんね。

ということで、PHOEBEアイラッシュセラムの定期コースの価格と単品購入の価格を比較したいと思います。

PHOEBEアイラッシュセラムは単品で買うと1本4,900円(税別)。

消費税10%を加算すると、単品価格が5,390円になります。

そして、単品の場合のみ送料(660円)が別途でかかるので、送料を含めると6,050円になるんです。

まつこ
まつこ
PHOEBEアイラッシュセラムを単品で買うと1本6,050円かぁ…。

まつ毛美容液の価格はメーカーによってピンキリですが、6,000円だと安くはないですよね。

定期コースで注文すると以下の価格で購入できます。

初回 2,178円
2本目 5,072円
3本目 5,072円

 (※消費税10%含む)

また、PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液アイラッシュセラムの定期コースは3本まで注文しないといけないので、3本買っても12,322円(税込)。

定期コースで注文すれば、単品購入の約2倍の価格でPHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムを3本買えるのです。

また、PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースは1か月に1本お届けではありません。←ココ重要!

PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムは毎日使っても2か月以上は持ちます。

その為、定期コースのお届け頻度は2か月ごと。定期便を注文しても2か月に1本しか届かないので、実質負担額は毎月約2,000円ほどなのです。

まつこ
まつこ
そう考えると、定期コースのほうがお得な気がするね♡

個人的に、PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースの最大のメリットは、毎月1本お届けされないということだと思っています。

お届け周期が2か月毎なら金銭的な負担がかなり減るので、金欠の私でも定期コースで注文する勇気がでました。

おわりに:PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液アイラッシュセラムの解約方法と注意点まとめ

今回は、PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの解約方法と注意点をお伝えしました。

公式サイトを見る限り、メールでも解約ができるのかと思っていましたが、解約手続きは電話でしかできないようですね。

まつこ
まつこ
うわ…。少し騙された気分…。

と思いましたが、サポートセンターの方はとても感じが良い方だったので、解約手続きもスムーズに行えましたよ。

最後に、解約手続きについておさらいとしてまとめておきます。

  • 定期コースの解約手続きは”電話対応”のみ→メールで解約希望の旨を伝えても自動返信メールで解約窓口の番号を教えてくれるだけ。
  • 必ず3本を受け取ってから解約する→3本目までに解約したら事務手数料3,000円がかかる。
  • 次回お届け予定日15日前までに連絡する→商品発送完了メールに次回お届け予定日が記載されている。
  • 解約理由は「他のまつ毛美容液を試してみたい。」がおすすめ→お届け頻度は最大で「90日間隔」、休止は「30日間」まで伸ばせるので、金銭的な理由でというとこっちを勧められるかも…。

重要なことなので最後にもう一度言いますが、PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムの定期コースは”定期縛り”があります。

ですので、とりあえず1本だけお試ししたい人にはおすすめできません。

しかし、PHOEBEアイラッシュセラムをじっくり試してみたい方にはトータル的に考えてコスパが良い定期コースがおすすめです♪

定期コースで注文すると、こんなに可愛いポーチが貰えて初回1,980円(税別)です。

また、PHOEBE(フィービー)のまつ毛美容液は1本で約2か月ほど持ちます。

その為、定期コースで注文しても2か月に1本しかお届けされないので、毎月の金銭的な負担も割と少なめです。※毎月1,867円(税別)

まつこ
まつこ
そう考えると意外とコスパも良いんですよね♡

まつ毛美容液は毎日コツコツ継続してこそ意味があります。

気になっている方はぜひ試してみてくださいね^^

少しでも参考になれば幸いです。

\初回1,980円(税別)/

≫PHOEBE(フィービー)アイラッシュセラムをキャンペーン価格で申込む