まつ毛美容液の基礎知識

まつ毛美容液って何が危険なの?副作用が怖いって本当!?

自まつ毛1本1本を長く・太くしてくれる「まつ毛美容液」。まつ毛美容液はデリケートな目元に塗るものなので、

「まつ毛美容液の副作用が心配…。」

「まつ毛美容液って危険なんじゃないの?」

と思っている方は多いと思います。

私も数年前からまつ毛美容液を愛用していますが、使い始めるまでは”目の中に入ったら危険なもの”だと思いこんでいました。

実際に使ってみると、まつ毛美容液によって副作用を引き起こしやすいものと引き起こしにくいものがあることがわかりました。

しかし、令和元年8月8日に独立行政法人「国民生活センター」発表した資料によると、まつ毛美容液を使って目の周りが腫れた等の危害を受けたケースが2015年度以降381件寄せられたそうです。

特に、まつ毛美容液による危害が急増したのは2018年。

2015年 8件
2016年 18件
2017年 70件
2018件 281件
2019件 4件
まつこ
まつこ
うわあああ。281件もあるんだ!

寄せられたまつ毛美容液の危害の中には、眼科医から「角膜潰瘍」と診断を受けた事例もあったんだとか。

そこで今回は、国民生活センターの研究結果をもとにまつ毛美容液の何が危険なのか?について詳しくまとめていきたいと思います。

また、私自身が経験したまつ毛美容液の副作用についても合わせてご紹介していきます。

まつ毛美容液が「危険」と話題になった2つの原因

国民生活センターの「報道発表資料」によると、まつ毛美容液により副作用とみられる症状がでてしまった理由が2つあるようです。

  1. 頭髪への使用を目的としている医薬部外品の「育毛剤」をまつ毛美容液として販売していた。
  2. 「育毛」「発毛を促す」など化粧品の効能の範囲を超える表示がされていた

医薬部外品の育毛剤をまつげ美容液として販売していた

まず一つ目の原因は、まつ毛美容液の中に頭髪への使用を目的とした「育毛剤」を含んでいたということ。

髪の毛を生やすために使う育毛剤はあくまで頭皮に使うもの。さらに、化粧品ではなく、医薬部外品の育毛剤なので、副作用のリスクもゼロではありません。

それを皮膚が最も薄いまぶたや粘膜などがあるデリケートな目元に塗ってしまうと、目元のトラブルが起きないわけがありません。

医薬部外品の育毛剤をまつ毛美容液として販売し、まつ毛が育毛するなどの効果を表示してしまうと、何も知らない購入者にとって副作用のリスクが高くなりとても危険です。

化粧品の効果・効能の範囲を超えて表示していた

二つ目の理由は、薬機法的な問題。化粧品やコスメは効果・効能によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されます。

  1. 医薬品…病気の治療を目的とした薬のこと。厚生労働省により、配合されている有効成分の効果が認められたもの。
  2. 医薬部外品…厚生労働省が許可した効果・効能に有効成分が一定の濃度で配合されていうもの。治療というよりは防止・衛生という目的として使用される。
  3. 化粧品…医薬部外品よりもさらに効果・効能が穏和なもの。清潔、美化、健やかに保つなどを目的として使用される。

「医薬品→医薬部外品→化粧品」の順で効果・効能が緩やかになっていきます。

国民生活センターの資料によると、2019年7月末の段階では医薬部外品として認められたまつ毛美容液はないそうです。

しかし、ネット通販では医薬部外品の育毛剤がまつ毛美容液として販売されているんだとか。

化粧品はハリやコシ、ツヤを与える等の効能を表示することはできますが、効能の範囲を超える表示をしてはいけません。

まつ毛の育毛効果をうたうことはできないので、「医薬品医療機器等、法律上の問題になる危険があるようです。

【結論】育毛剤入りのまつ毛美容液が危険!

結論として、医薬部外品の育毛剤を「まつ毛美容液」として販売していたことが問題のようです。

先ほども述べた通り、2019年7月末の段階では、医薬部外品として認められたまつ毛美容液はありません。

医薬部外品は育毛剤として頭髪への効果・効能が認められたものですが、まつ毛への効果・効能に関する表示がされていました。

まつこ
まつこ
医薬部外品の育毛剤を「まつ毛美容液」として販売していたのね…。

調査結果によると、以下の5つのまつげ美容液は、まつ毛の育毛効果を表示した医薬部外品の育毛剤だったようです。

  1. ヴィーナスアイラッシュ
  2. アヴァンセラッシュセラム
  3. ヴィーナスビューティー薬用育毛ジェル
  4. ノヴェルモイ薬用・育毛ミニエッセンス
  5. リーシェヘアグロウリムサプライ育毛剤

医薬部外品は化粧品よりも効果・効能が高い反面、副作用のリスクも高いです。

頭髪を生やすことを目的に作られているものをデリケートな目元に使うと危険と言われるのも当然のことですよね。

本来、医薬部外品の育毛剤は皮脂分泌が多い頭皮への使用を目的として作られている商品です。

まぶたの皮膚は最も薄いため、まつ毛に塗る際にまぶたについてしまうと、目元全体のトラブルに繋がるので危険なのです。

【失敗談】海外製のまつ毛美容液は危険?副作用がでた私の事例

ここからは私の過去の失敗談をお話しします。

私がまつ毛美容液デビューをした数年前、まつ毛美容液に関する知識がまったくありませんでした。

 

なんとなく「塗れば塗るほど効果がでやすい」と思い込んでいました。

もちろん、副作用に関する知識も一切ゼロです。

その頃使っていたまつ毛美容液は、アメリカ初のまつ毛美容液『エマーキット』です。

エマーキットは何よりも結果をだすことを優先に作られた高濃度まつ毛美容液。

そして、エマーキットの筆は超極細タイプ。使用回数は1日1回で、2度塗りも禁止です。

なぜなら、エマーキットに配合している成分は高濃度のため、少ない量で十分な効果がでるから。

たくさん塗りすぎてしまうと、目の周りに液体が付着したり、目の中に入りやすくなり、副作用のリスクが高まってしまうのです。

そんな危険性も知らずに、エマーキットを何度も重ね塗りをしてしまいました。

すると、極細筆でまつ毛の生え際に液体を塗る際、筆が擦れることにより、目元が痒くなってしまいました。

そして、液体が乾く前に目を思いっきりゴシゴシと書いてしまったのです…

すると、エマーキットが目の中に入り、目が少し充血してしまいました。

この経験から学んだことは「決められた使用量や使用方法は必ず守る」ということ。

特に、海外製のまつ毛美容液は、日本製のものと比べて刺激が強いものが多いです。

おそらく、日本と海外では配合できる成分濃度が違うのでしょう。

ちなみに、副作用のリスクが少ない日本製まつ毛美容液「スカルプDまつ毛美容液プレミアム」は、塗りすぎても乾く前に目を擦ってもなんともなかったです。

少しでも副作用のリスクが怖いなら低刺激な「日本製」のまつ毛美容液をおすすめします。

日本製のまつげ美容液は副作用のリスクが少ない

まつ毛美容液は大きく分けて「海外製」と「日本製」のものがあります。

何が違うのかを簡単に説明すると、配合成分や配合濃度、副作用のリスクです。

日本製のまつ毛美容液は海外製のものと比べて効果が低め。

一方、副作用のリスクも低いです。

一方、海外のまつげ美容液は効果が出やすいものが多く、副作用のリスクも高めです。

私の経験上、日本製のまつげ美容液は副作用のリスクが少ないので、必要以上に塗っても色素沈着や目の痒み、充血などが起きないことが多いです。

海外製のまつ毛美容液は即効性はあるけど必要以上に塗ってしまうと少し痒くなったり、乾く前に目を擦ると少し目が充血したりします…。

日本製のまつげ美容液で断トツでお勧めは『スカルプまつげ美容液プレミアム

日本製にしては効果もあるし、何より副作用が低いので安心して使えます👌✨

\スカルプまつげ美容液プレミアム/
≫【初回限定】キャンペーン価格で申し込む

あわせて読みたい
【口コミ】スカルプDまつげ美容液プレミアムを2ヶ月半試した結果…伸びる?効果なし?育毛シャンプーでお馴染みの「アンファー」から発売されている『スカルプDまつげ美容液プレミアム』。 そんなスカルプDまつげ美容液プレ...

おわりに

今回は、まつ毛美容液って危険なの?ということについてまとめてみました。

結論として、医薬部外品の育毛剤を「まつ毛美容液」として販売していることが問題のようです。

そして、化粧品の効果・効能の範囲を超えた「まつ毛を育毛する」という表現をしていることも今回問題になったもう一つの理由のようです。

まつ毛美容液はデリケートな目元に使う美容液なので、何を選ぶかはやっぱり重要です。

また、私の経験から正しい使用方法を守ることも大切だと思います。

  • 育毛剤入りのまつ毛美容液は使わないようにする
  • 海外製のまつ毛美容液は使用方法を正しく守る
  • 副作用が怖いなら「日本製」にものを使う

今回は以上にします。

少しでも参考になれば幸いです。